雲光院

戦国時代から江戸時代前期の女性。父は飯田直政(久左衛門、筑後守、甲斐武田家の家臣)。前夫は神尾忠重(今川家・一条信龍の家臣、子に神尾守世、神尾守繁)。のち徳川家康の側室。
阿茶局から転送)

雲光院(うんこういん、弘治元年2月13日1555年3月16日)-寛永14年1月22日1637年2月16日[1])は、戦国時代から江戸時代前期にかけての女性。徳川家康側室[2]。名は須和。号は阿茶局、雲光院、民部卿一位局一位尼。父は飯田直政(久左衛門・筑後守とも)。実子として神尾守世神尾守繁、養子として神尾元勝菊姫がいる。

雲光院像(徳川記念財団蔵)

経歴編集

父の飯田直政は甲斐武田家の家臣であった。今川家の家臣で主家没落後に一条信龍に属した神尾忠重に嫁ぎ、二男(神尾守世、神尾守繁)をもうけるが、天正5年(1577年)7月に忠重は亡くなる。

その後、天正7年(1579年)に家康に召された。戦場においても幾度となく家康に供奉し、小牧・長久手の戦いの陣中で一度懐妊するも流産した。家康との間に子供はなかったが、夭折した娘の泰栄院の菩提を弔うために上徳寺を建立したという伝承もある。

天正17年(1589年)に亡くなった西郷局の替わりに徳川秀忠松平忠吉を養育しており、長男の神尾守世も秀忠に近侍した。

才知に長け、奥向きの諸事一切を家康より任されており、慶長16年(1611年)に徳川義直疱瘡を患った際に、家康がその症状が軽いことを伝える自筆書状の宛先には、実母のお亀の方以外に阿茶局の名もある。また慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、常高院大蔵卿局と会見して和議の成立に尽力した。

家康の死後に江戸に移り、竹橋に屋敷と300石の化粧料が与えられた(後に神田鎌倉町に移転)。雲光院と号したが、剃髪はせず、秀忠の没後に正式に剃髪したともされる。元和6年(1620年)に徳川和子入内の際に母親代わりの守役を務めた功により、後水尾天皇より従一位を授けられ、一位局一位尼と称されるようになった。

寛永7年(1630年)の秀忠・家光上洛時に供奉する。寛永14年(1637年)に83歳で死去し、雲光院東京都江東区三好)に葬られた。戒名は雲光院殿従一位尼公正誉周栄大姉

登場する作品編集

脚注編集

  1. ^ 阿茶局』 - コトバンク
  2. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 41頁。

参考文献編集