日本野球機構

日本のプロ野球リーグである、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの総括団体

一般社団法人日本野球機構(にっぽんやきゅうきこう、英語: Nippon Professional Baseball Organization、略称:NPB)は、日本プロ野球JERAセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグを統括する元文部科学省スポーツ・青少年局所管の一般社団法人。一般に、日本国内で「プロ野球」とは、この日本野球機構が統括するものを指す。

一般社団法人日本野球機構
Nippon Professional Baseball Organization
NPB logo.svg
団体種類 一般社団法人
設立 2012年10月1日
所在地 東京都港区5丁目36番7号
三田ベルジュビル 11階
北緯35度38分41.2秒 東経139度44分41.9秒 / 北緯35.644778度 東経139.744972度 / 35.644778; 139.744972座標: 北緯35度38分41.2秒 東経139度44分41.9秒 / 北緯35.644778度 東経139.744972度 / 35.644778; 139.744972
法人番号 8010005004459 ウィキデータを編集
起源 日本野球連盟
社団法人日本野球機構(1948年-2012年)
主要人物 斉藤惇(代表理事会長)
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 プロ野球の統括
活動手段 日本選手権シリーズ試合およびオールスター試合の主催
会員数 12球団
ウェブサイト https://npb.jp/
テンプレートを表示
日本野球機構(NPB)公式チャンネル
YouTube
チャンネル
活動期間 2022年7月15日 -
ジャンル スポーツ
登録者数 約1.85万人
総再生回数 約157万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月27日時点。
テンプレートを表示

英称は、以前の Professional Baseball Organization of Japan から2005年に変更。

主な業務編集

沿革編集

リーグ優勝および日本一を達成した球団の一覧編集

1936年から1949年までは1リーグ制で開催していたが、1950年以降は2リーグ制で開催している。 2リーグ制において、1950年から2006年までは各リーグの優勝球団同士が日本シリーズによって日本一球団を決定していたが、2007年以降はクライマックスシリーズの導入によりリーグ優勝を達成していない球団が日本一を達成することがある。

歴代優勝(1936年〜1949年)
優勝
1936 (決定せず)
名古屋軍
巨人軍
1937
阪神
1938
巨人軍
1939
1940
1941
1942
1943
1944 阪神軍
1945 (中止)
1946 近畿
1947 阪神
1948 南海
1949 巨人
歴代リーグ優勝および日本一(1950年〜)
セ・リーグ パ・リーグ 日本一
1950 松竹 毎日 毎日
1951 巨人 南海 巨人
1952
1953
1954 中日 西鉄 中日
1955 巨人 南海 巨人
1956 西鉄 西鉄
1957
1958
1959 南海 南海
1960 大洋 大毎 大洋
1961 巨人 南海 巨人
1962 阪神 東映 東映
1963 巨人 西鉄 巨人
1964 阪神 南海 南海
1965 巨人 巨人
1966
1967 阪急
1968
1969
1970 ロッテ
1971 阪急
1972
1973 南海
1974 中日 ロッテ ロッテ
1975 広島 阪急 阪急
1976 巨人
1977
1978 ヤクルト ヤクルト
1979 広島 近鉄 広島
1980
1981 巨人 日ハム 巨人
1982 中日 西武 西武
1983 巨人
1984 広島 阪急 広島
1985 阪神 西武 阪神
1986 広島 西武
1987 巨人
1988 中日
1989 巨人 近鉄 巨人
1990 西武 西武
1991 広島
1992 ヤクルト
1993 ヤクルト
1994 巨人 巨人
1995 ヤクルト オリックス ヤクルト
1996 巨人 オリックス
1997 ヤクルト 西武 ヤクルト
1998 横浜 横浜
1999 中日 ダイエー ダイエー
2000 巨人 巨人
2001 ヤクルト 近鉄 ヤクルト
2002 巨人 西武 巨人
2003 阪神 ダイエー ダイエー
2004 中日 西武 西武
2005 阪神 ロッテ ロッテ
2006 中日 日ハム 日ハム
2007 巨人 中日
2008 西武 西武
2009 日ハム 巨人
2010 中日 ソフトバンク ロッテ
2011 ソフトバンク
2012 巨人 日ハム 巨人
2013 楽天 楽天
2014 ソフトバンク ソフトバンク
2015 ヤクルト
2016 広島 日ハム 日ハム
2017 ソフトバンク ソフトバンク
2018 西武
2019 巨人
2020 ソフトバンク
2021 ヤクルト オリックス ヤクルト
2022

日本プロフェッショナル野球組織との関係編集

 
NPBマーク

2007年度まで、同様にセ・パ両リーグをまとめる組織として日本プロフェッショナル野球組織が存在し、「NPB = Nippon Professional Baseball」という英称を共有するのみならず、「組織」のコミッショナーが「機構」の会長を兼ねている。

一応、「組織」がルール(競技ルール及び選手契約ルール)面を、「機構」が興行面を、それぞれ分担するとされてきたものの、ながく両者の関係は曖昧だった。2008年度より、「組織」は社団法人である「機構」の内部組織とされた。関連して、それまでは、コミッショナー事務局、セ・リーグ事務局、パ・リーグ事務局と3つ存在した事務局も、コミッショナー事務局に統合・一本化された。これらの一連の組織改革は、2004年に起こったプロ野球再編問題の際に、責任の所在の曖昧さに加え、事態を収拾する能力のなさをも露呈し、大きな批判を浴びたことが契機であった。

歴代会長(コミッショナー)編集

参考

日本野球連盟時代の1949年正力松太郎が一度コミッショナーに就任した時期もあったが、公職追放中の身であったことから、すぐに退任している。

呼称編集

  • 通常、2リーグを呼ぶとき「セ・パ」とセントラル、パシフィックの順で呼ぶ。明確な理由はないが、英語でCentralは頭文字がC、Pacificは頭文字がPであるためアルファベット順であるとも[2]、2リーグ分裂のときに移行が先行したのがセントラルであることや、巨人のV9などでセントラルの観客動員数が増加したことで「人気のセ」と呼ばれて野球のニュース記事も巨人中心になり、露出度でパシフィックは長らく大きく差を広げられたことが挙げられている[3]
  • 日本野球機構では、球団名から「軍」を外して呼ぶことになっている。たとえば、戦前の「東京巨人軍」は「東京巨人」。
  • 球団の呼称(略称)はマスメディアの使用しているものとは一部異なる。例えば、広島は「広島東洋」、巨人は「読売」。

スローガン編集

2004年から、毎シーズンのスローガンを制定している。

スローガン 備考
2004 日本プロ野球70年 三原脩が1934年に巨人と日本初のプロ契約を結んだことにちなむ。
2005 フルスイング!プロ野球。
2006 すべては歓声のために
2007 すべては歓声のために ―世界一からの挑戦― 前年のWBCで、日本が優勝したことを受けて。
2008 野球力
2009 野球とは、
2010 ここに、世界一がある。 前年のWBCで、日本が優勝したことを受けて。
2011 覚悟! 〜なぜ、あなたはここにいるのか〜 開幕直前に東日本大震災が起きたことを受けて、全てのプロ野球関係者に自分の存在意義を問うた。
2012 心をつなぐこのプレー
2013 WE☆LOVE BASEBALL
2014 NEW PLAY BALL! あたらしい球史をつくる。 日本プロ野球80年記念。
2015 この1球に未来を懸けて 近代オリンピックへの野球競技の復活や、後継者育成などの振興に努める。
2016-2020 野球の夢。プロの誇り。 「野球には夢があり、プロとしての誇りがある。」旨を込める。
2021 誇りを胸に。感謝をプレーに。
2022 野球伝来150年
未来へ紡ぐ みんなの希望
1872年にホーレス・ウィルソンが日本に野球を伝えて150年の節目であることに因む。

NPBパートナー企業・団体(企業・団体五十音順)編集

協賛企業・団体名 備考
カルビー
大正製薬
日本生命保険
マイナビ
三井住友銀行
  • 2014年10月就任
  • 2014年より日本選手権シリーズ(「SMBC日本シリーズ」)特別協賛
コナミ
ローソン
過去のパートナー企業・団体
ガリバーインターナショナル
  • 2007年オールスターゲーム特別協賛
三洋電機
  • 現在のブランド上の名称は「パナソニック
  • 1987年-2006年オールスターゲーム特別協賛
新日本石油
日本コカ・コーラ
マツダ
  • 2008年-2016年オールスターゲーム特別協賛

 ※広島東洋カープ球団株主

オリンピック競技復帰運動編集

2015年2020年東京オリンピックにおいて、野球とソフトボールを五輪の正式種目に復帰させようとするためのキャンペーンを社会人の(一財)日本野球連盟、ソフトボールの(公財)日本ソフトボール協会と連携して展開する。

その一環として、同年度の野球・ソフトボール公式戦の試合会場(映像装置が設置されている球場のみ)、およびCS衛星放送での中継実施時などにおいて、コマーシャルを放映。「#キャッチボール」と題した、各界の著名人とNPB、ソフトボールの選手・OB・OGが疑似キャッチボールをするという設定である[6]

出演者編集

名前 所属・役職等 登場順
野球編[リンク切れ]
登場順
ソフトボール編[リンク切れ]
登場順
新撮[リンク切れ])
登場順
第2弾[リンク切れ]
備考
あい/aiko シンガーソングライター - - 61 09
いこ/生駒里奈 乃木坂46 17 16 38 -
いしい/石井大裕 TBSアナウンサー - - 46 19
いしば/石橋貴明 とんねるず 30 29 17 -
いの/井上真央 女優 15 13 08 -
いまみ/今宮健太 福岡ソフトバンクホークス内野手 10 10 25 -
うえす/上杉和也 明青学園高校投手 - - 63 32 タッチより 声:難波圭一
うえのじ/上野樹里 女優 - - 52 25
うえのゆ/上野由岐子 ビックカメラ女子ソフトボール高崎投手 06 33 12 -
うえも/上本博紀 阪神タイガース内野手 25 24 62 -
うち/内川聖一 福岡ソフトバンクホークス外野手 04 04 04 -
うつ/宇津木麗華 ビックカメラ女子ソフトボール高崎監督 16 06 31 -
おう/王貞治 福岡ソフトバンクホークス球団会長 02 02 02 02
おお/大谷翔平 北海道日本ハムファイターズ投手/外野手 33 31 03 -
おぐ/小栗旬 俳優 28 27 43 -
おの/尾上松也 歌舞伎俳優 - - 20 16
かじ/梶谷隆幸 横浜DeNAベイスターズ外野手 - - 16 05
かつ/勝地涼 俳優 13 14 28 -
かと/加藤清史郎 俳優 - - 57 28
かみ/上地雄輔 俳優 09 09 15 -
かめ/亀梨和也 KAT-TUN - - 65 35
かわ/河北麻友子 モデル - - 42 18
きた/北乃きい 女優 07 07 44 -
きよ/清田育宏 千葉ロッテマリーンズ外野手 - - 22 33
く/黒田博樹 広島東洋カープ投手 - - 67 36
こば/小林誠司 読売ジャイアンツ捕手 27 26 64 -
こん/紺野真琴 26 25 36 - 時をかける少女(細田守版)より
さか/坂本昌行 V6 - - 10 11
さと/佐藤浩市 俳優 21 20 21 -
しみ/清水俊輔 テレビ朝日アナウンサー - - 45 20 TOKYO応援宣言セット内で撮影
しよ/笑福亭鶴瓶 落語家 - - 51 08
しら/白石麻衣 乃木坂46 18 17 39 -
す/菅野智之 読売ジャイアンツ投手 08 08 35 -
せ/清野菜名 モデル - - 54 30
たか/高木勇人 読売ジャイアンツ投手 - - 30 24
たな/田中賢介 北海道日本ハムファイターズ内野手 05 05 27 -
たま/玉山鉄二 俳優 - - 55 06
たむ/田村淳 ロンドンブーツ1号2号 - - 09 10
だ/檀れい 女優 12 12 19 -
とら/和田唱
林幸治
吉田佳
TRICERATOPS - - 53 26 3人同時。コマーシャルソング「shout!」を担当している。
とり/鳥谷敬 阪神タイガース内野手 - - 56 34
なか/中村剛也 埼玉西武ライオンズ内野手 - - 11 03
なが/長嶋茂雄 読売ジャイアンツ球団専務取締役・終身名誉監督 01 01 01 01
にしの/西野七瀬 乃木坂46 20 19 41 -
にしゆ/西勇輝 オリックス・バファローズ投手 - - 60 27
のう/能見篤史 阪神タイガース投手 22 21 58 -
のも/野茂英雄 野球解説者 32 32 66 -
はし/橋本奈々未 乃木坂46 19 18 40 -
はせ/長谷川博己 俳優 - - 07 04
はま/浜田雅功 ダウンタウン 14 15 29 -
ひが/東出昌大 俳優 - - 13 13
ひら/平田良介 中日ドラゴンズ外野手 - - 37 17
ひろせあ/広瀬アリス モデル 29 28 33 -
ひろせす/広瀬すず 女優 24 23 34 -
ふき/吹石一恵 女優 - - 24 15 近鉄内野手の吹石徳一を父に持つ。
ふじ/藤浪晋太郎 阪神タイガース投手 31 30 18 -
ふる/古川聡 宇宙飛行士 23 22 23 - 国際宇宙ステーション滞在時の2011年に撮影したもの。
ますた/桝太一 日本テレビアナウンサー - - 48 23 東京ドーム内で撮影
ますだ/増田英彦
岡田圭右
ますだおかだ - - 59 14 1シーン内に2人
まついひ/松井秀喜 野球解説者 03 03 06 -
まついゆ/松井裕樹 東北楽天ゴールデンイーグルス投手 - - 05 07
み/三宅正治 フジテレビアナウンサー - - 49 22
も/森田京之介 テレビ東京アナウンサー - - 47 21
やな/柳田悠岐 福岡ソフトバンクホークス外野手 - - 50 31
やまだ/山田哲人 東京ヤクルトスワローズ内野手 - - 32 12
やまも/山本美月 モデル 11 11 26 -
よ/吉川光夫 北海道日本ハムファイターズ投手 - - 14 29

※所属・肩書きは2015年当時。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集