天之冬衣神

日本神話の神。

天之冬衣神(あめのふゆきぬのかみ)は、日本神話

天之冬衣神

十七世神 第五代
先代 淤美豆奴神
次代 大国主神

神祇 国津神
全名 天之冬衣神
別名 天之葺根神、天布由伎奴
神格 衣類の神
淤美豆奴神
布帝耳神
配偶者 刺国若比売
大国主神八十神
神社 重蔵神社
テンプレートを表示

概要編集

古事記』において須佐之男命の5世孫とされ、『日本書紀』に5世孫は天之葺根神とされているが、同神かどうかは不明。『粟鹿大明神元記』には須佐乃乎命の4世孫の天布由伎奴と記述されている。十七世神(とおまりななよのかみ)の一柱である国津神

重蔵神社の社伝には、出雲よりはるばる能登まで来臨し、同地を平定したとされる[1]

なお天之葺根神は神剣を天津神に献上している。また、日御碕神社宮司家の小野氏は天之葺根神の子孫とする。

考証編集

名義は「天上界の、冬の着物」とされ、また「冬衣」は「増ゆ衣」で衣類の豊饒を讚美するとも考えられる[2]

また名称は元来「由布衣神」(木綿の衣の神格化)だったものが、直前の布怒豆怒神布帝耳神(衣類に関係する神か)に引かれて顚倒し、さらにあとに続く刺国大神刺国若比売大国主神と「国」を神名に含む神々との対応を意識して「天之」が付け加えられた結果、「天之冬衣神」の名になったのではないかという成立過程もある[3]

「冬」の文字は記紀の神話全体で季節の名としては現れず、この神の名として現れるのみである。

系譜編集

 
須佐之男命から大国主神までの系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神

淤美豆奴神布怒豆怒神の娘の布帝耳神を娶って産んだ神で、刺国大神の娘の刺国若比売を娶って大国主大神を産んでいる。

祀る神社編集

天之葺根神を祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 重蔵神社社伝 2017年5月3日閲覧
  2. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  3. ^ 國學院大学 古事記学センター 天之冬衣神

関連項目編集