ドレッドノート級原子力潜水艦

ドレッドノート級原子力潜水艦Dreadnought class nuclear-powered submarineis)はヴァンガード級原子力弾道ミサイル潜水艦の後継となる原子力弾道ミサイル潜水艦の艦級[2]。前任と同じくトライデントII D-5潜水艦発射弾道ミサイルを搭載する[3]。ヴァンガード級はイギリス海軍において、25年の就役期間を想定されて1990年代に就役した[4]。イギリス海軍がその核抑止戦略にしたがって常続航海抑止(continuous at-sea deterrent, CASD)[注釈 1]を維持しようとするのであれば、ヴァンガード級の代替は必須である[7]

ドレッドノート級原子力潜水艦
Successor-class submarine program.jpg
Artist's rendering of Dreadnought-class submarine
基本情報
艦種 原子力弾道ミサイル潜水艦
建造所 BAEシステムズ・サブマリン
バロー・イン・ファーネス造船所
運用者  イギリス海軍
計画数 4隻
建造数 2隻
前級 ヴァンガード級
要目
水中排水量 17,200トン
全長 153.6m[1]
最大幅 12.8m
吃水 12m
機関方式 タービン・エレクトリック
原子炉 ロールス・ロイスPWR3加圧水型原子炉
推進器 ポンプジェット
乗員 130
兵装 533mm魚雷発射管4基:スピアフィッシュ魚雷
SLBM発射管12基:トライデントII D-5潜水艦発射弾道ミサイル8~12発(各最大8発のMIRV弾頭)
テンプレートを表示

暫定的に(ヴァンガード級の後継であることから)サクセッサー(Successor)と呼ばれた本級は、2016年、1番艦がドレッドノートと命名されることが公式に発表され、それにより級自体もドレッドノート級となった[8][9]。以降3隻は、それぞれヴァリアントValiant[10]ウォースパイトWarspite)およびキングジョージVIKing George VI)と命名される[11]

背景編集

 
A Trident missile launches from a submarine

1998年にイギリス空軍WE.177英語版核爆弾が退役して以来、イギリスの核兵器は完全に潜水艦搭載のもののみとなった。イギリスにとっての潜在的な敵は、弾道ミサイル潜水艦が探知されずにいる限り先制核攻撃能力を排除したと確信しえないことから、潜在的な敵を抑止することを意図したものだった。

戦略防衛レビューにより、英国は215発の核弾頭(そのうち約120発を活性状態(使用可能)に)維持してきた。常時航海抑止政策(the continuous at sea deterrence policy)のもと少なくとも1隻のヴァンガード級が、16発までのトライデント・ミサイルが48発の核弾頭を備蓄から搭載して哨戒する態勢が維持されてきた。戦略防衛レビューはこれは核抑止に適切な最小の核弾頭数だとみなしたこれらは全体としてトライデント・システム (イギリスの核抑止戦略)英語版[12]。このシステムの主要部分は、スコットランドの、ヴァンガード級の母港であるファスレーン海軍基地を含むクライド海軍基地およびクールポート王立海軍弾薬庫に拠点を置いている。ヴァンガード級の1番古い艦は、燃料交換なしに2019年まで現役にとどまるものと想定されている[13]。1998年から、このシステムは政府に、低威力の“准戦略”(sub-strategic)核攻撃能力の選択肢を提供している[14][15]

決定編集

2011年5月、イギリス政府は新しい潜水艦の評価作業を認め、船殻のための鋼鉄を含む先行資材の購入を許可した2015年5月、保守党は総選挙で4隻のサクセッサー潜水艦による常続的巡航抑止を維持することへのコミットメントを含むマニフェストを掲げて総選挙に勝利した[16] サクセッサー計画へのコミットの最終的な決定は2916年7月18日に、下院における投票で472票対117票の票が投じられて認可された[17]。サクセッサーは、そのコスト[18]および、いくつかの政党や核軍縮キャンペーンやトライデント・プラウシェアズ(Trident Ploughshares)といった反核運動グループが常続的航海抑止あるいはイギリスの核武装を道徳的ないし財政的な理由[19][20]により反対したことから、論争を呼んだ。

建造編集

最初の艦は暫定的に2028年に就役すると想定されて、建造は2016年にBAEシステムズ・サブマリンズが運営するバロー=イン=ファーネス造船所で開始された。 [21]。第2段階の建造の始まりは2018年5月に発表された[22]。 2018年の時点で国防相は、最初の潜水艦は2030年代初めに就役する想定であるとした。また、プログラムの総コストは31兆ポンドと想定されるとした。

本級は約35から40年就役年限を意図されており、こえは前級を25%以上上回るものである[23]

2018年12月、国防相は1番艦の建造はスケジュール通りかつ予算内で進行中であると語った[24]。2021年4月、サンデー・タイムズは、アスチュート級原子力潜水艦の建造の遅れが、おなじデヴォンシャー・ドック・ホール英語版ドックで建造するドレッドノート級の建造にに影響を及ぼしている可能性を報じた。関連する懸念事項は、バロー施設の拡張が19か月遅れ、原子炉を建造するロールスロイス工場の5年遅れである。[25]。しかしながら、国防相は、ドレッドノート・プログラムは予定通り進行しており、1番艦は2030年代初めに就役する想定であるとコメントした[25]

同型艦編集

艦名 建造所 起工 進水 就役 状況
ドレッドノート
Dreadnought
BAEシステムズ・サブマリンズ
バロー=イン=ファーネス造船所
2016年
10月6日[26]
2030年代初めを想定 建造中
ヴァリアント
Valiant
2019年
9月
建造中
ウォースパイト
Warspite
発表済
キングジョージVI
King George VI
発表済

脚注編集

訳注編集

  1. ^ 常に1隻の弾道ミサイル潜水艦が航海し、核抑止哨戒を継続する態勢のこと[5]。別の訳語として「常続巡航抑止」[6]もある。英海軍公式サイトでの説明として次のページをも参照CONTINUOUS AT SEA DETERRENT”. Royal Navy. 2022年1月24日閲覧。

出典編集

  1. ^ Dreadnought”. BAE Systems. 2022年1月24日閲覧。
  2. ^ Successor submarine programme: factsheet”. MoD. 2016年3月1日閲覧。
  3. ^ The Future of the United Kingdom's Nuclear Deterrent, Factsheet 4 The Current System”. Gov.uk (2006年12月). 2015年9月20日閲覧。
  4. ^ Vanguard class Military-Today.com. Retrieved 21 July 2018.
  5. ^ 鶴岡(2014), p.36
  6. ^ 小川健一(2021),p.95
  7. ^ Supporting the UK's deterrent”. AWE. 2016年3月1日閲覧。
  8. ^ “New Successor Submarines Named” (プレスリリース), Gov.uk, (2016年10月21日), https://www.gov.uk/government/news/new-successor-submarines-named 2016年10月21日閲覧。 
  9. ^ “First of Barrow's new Successor submarines given historically celebrated name”. North West Evening Mail. (2016年10月21日). http://www.nwemail.co.uk/news/barrow/First-of-Barrows-new-Successor-submarines-given-historically-celebrated-name-c02ecb5c-97cb-4190-90a6-dd09b89d59a5-ds 2016年10月21日閲覧。 
  10. ^ “Defence Secretary announces £400m investment for nuclear-armed submarines” (プレスリリース), Ministry of Defence, (2018年12月6日), https://www.gov.uk/government/news/defence-secretary-announces-400m-investment-for-nuclear-armed-submarines 2018年12月6日閲覧。 
  11. ^ “Defence Secretary praises 50 years of nuclear service as new submarine is named” (プレスリリース), Ministry of Defence, (2019年5月3日), https://www.gov.uk/government/news/defence-secretary-praises-50-years-of-nuclear-service-as-new-submarine-is-named 2019年5月3日閲覧。 
  12. ^ The Future of the UK's Strategic Nuclear Deterrent”. House of Commons Defence Committee (2006年6月30日). 2007年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月1日閲覧。
  13. ^ The Future of the UK's Strategic Nuclear Deterrent: the White Paper”. House of Commons Defence Committee (2007年3月7日). 2007年3月15日閲覧。
  14. ^ “National Security Strategy and Strategic Defence and Security Review 2015 A Secure and Prosperous United Kingdom”. gov.uk. (2015年11月23日). https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/478933/52309_Cm_9161_NSS_SD_Review_web_only.pdf 2018年11月17日閲覧。 
  15. ^ Securing Britain in an Age of Uncertainty: The Strategic Defence and Security Review”. HM Government (2010年10月19日). 2018年11月17日閲覧。
  16. ^ Conservative Party Manifesto 2015”. Conservative Party. pp. 77. 2015年5月16日閲覧。
  17. ^ Mills, Claire (2013年8月13日). “Update on the Trident Successor Programme - Commons Library Standard Note”. Standard Notes. House of Commons Library. 2014年6月21日閲覧。
  18. ^ “Britain denies report nuclear deterrent to cost 167 billion pounds”. Reuters. (2015年11月10日). http://uk.reuters.com/article/uk-britain-defence-trident-idUKKCN0SZ2IC20151110 2018年3月7日閲覧。 
  19. ^ “Britain denies report nuclear deterrent to cost 167 billion pounds”. Reuters. (2015年11月10日). http://uk.reuters.com/article/uk-britain-defence-trident-idUKKCN0SZ2IC20151110 2018年3月7日閲覧。 
  20. ^ “Unions oppose replacing Trident”. BBC News. (2006年9月13日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/5342812.stm 2006年12月1日閲覧。 
  21. ^ “Successor submarine shipyard gets £300m investment”. BBC News. (2014年3月13日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-26559534 2014年6月21日閲覧。 
  22. ^ Defence Secretary announces massive £2.5bn investment in UK nuclear submarines”. Gov.UK. 2018年5月15日閲覧。
  23. ^ Ministry of Defence nuclear programme. Committee of Public Accounts (UK Parliament). (10 September 2018). HC 1028. https://publications.parliament.uk/pa/cm201719/cmselect/cmpubacc/1028/1028.pdf 2018年9月21日閲覧。. 
  24. ^ UK Dreadnought submarine programme within budget and on track, says latest MoD report”. 2022年1月26日閲覧。
  25. ^ a b Collingridge, John (2021年4月25日). “Are Britain's nuclear subs slipping below the waves?; First they were due in 2024, then 2028, then 'the 2030s'. Doubts are mounting over the new Trident boats.”. The Sunday Times 
  26. ^ Building begins on new nuclear submarines”. Royal Navy (2016年10月6日). 2018年12月7日閲覧。

参考文献編集

関連文献編集

  • UK House of Commons, Select Committee on Defence The Future of the UK's Strategic Nuclear Deterrent: the White Paper: Ninth Report of Session 2006-07, House of Commons Papers, HC 225 [2005-2007]
  • UK House of Commons, Select Committee on Defence The Future of the UK’s Strategic Nuclear Deterrent: the Manufacturing and Skills Base: Fourth Report of Session 2006–07, House of Commons Papers, HC 59 [2005-2007]
  • Ministry of Defence: The United Kingdom's Future Nuclear Deterrent Capability (Report). National Audit Office. (5 November 2008). ISBN 978-0-10-295436-4. http://www.nao.org.uk/pn/07-08/07081115.htm 2008年11月9日閲覧。. 
  • Dreadnought Class Guide - 21 October 2016
  • Meet the Dreadnought class, new nuclear submarines named - 16 December 2016

外部リンク編集