オカモトグループ

オカモトグループOKAMOTO Group)は、北海道帯広市に本社を置く株式会社オカモトホールディングス持株会社とする企業グループ。

オカモトグループ
OKAMOTO group
オカモトホールディングス本社 外観.jpg
オカモトグループ本社
種類 グループ
本社所在地 日本の旗 日本
080-0804
北海道帯広市東4条南10丁目2番地
設立 1971年7月3日
業種 サービス業
事業内容 下記参照
代表者 岡本謙一(代表取締役社長)
資本金 2億300万円
売上高 722億9131万円(平成28年3月)
従業員数 703名(正社員)
決算期 3月
関係する人物 岡本忠一(創業者)
外部リンク http://www.okamoto-group.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

1950年(昭和25年)、創業者の岡本忠一が北海道士幌町に新聞販売所を開設したことが始まり。燃料給油所、LPガス事業などを経て、1983年に岡本謙一(現代表取締役)が社長に就任。以降、M&Aなどを通じて日本全国および中国にて事業を拡大するコングロマリットである。

化成品メーカーのオカモトとは無関係。

沿革編集

  • 1947年(昭和22年) - 岡本忠一がシベリア抑留から復員し十勝地方で行商人を始め、その後闇売りに手を出し失敗。
  • 1950年(昭和25年) - 岡本忠一が友人の誘いを受け士幌村中士幌にて新聞販売店「岡本販売所」を開業。
  • 1954年(昭和29年) - 雑穀の仲買業務を開始。
  • 1964年(昭和39年) - 栗林商会と契約しガソリンスタンド事業1号店「日本石油中士幌給油所」を開業。
  • 1971年(昭和46年) - 「株式会社岡本悦樹商店」を設立し法人化、日本石油木野給油所内に本社を設置。
  • 1973年(昭和48年) - 「岡本石油株式会社」に改称。
  • 1976年(昭和51年) - 石油供給元を伊藤忠燃料に変更。
  • 1981年(昭和56年)
    • 長屋自動車工業より自動車整備部門を買収し車検事業に参入。
    • 士幌町「居城商店」のLPガス事業を買収、中士幌地区でのガス供給を開始。
    • 創業10周年を記念し、初代ロゴマーク(通称・でんでんむし)を制定。
  • 1983年(昭和58年) - 子会社「ミライ商事」によりコイン洗車場事業参入(1986年に閉業)。
  • 1984年(昭和59年) - 子会社「岡本企業」設立、初の多角化事業としてスイミングスクール「帯広スイミングスクール」開業。
  • 1987年(昭和62年)
    • 車検事業を分社化し「グリーンオート」設立。
    • レジャー施設事業進出、「おびひろ巨大迷路幸福村」開業(1989年に閉業)。
  • 1989年(平成元年)
    • 子会社「岡本企画」設立、TSUTAYAとフランチャイズ契約を結び書店事業一号店「TSUTAYAニュータウン店」開業。
    • 「北斗興産」(旧・ミライ商事)によりパチンコ店「パチンコ北斗」開業(1996年に閉業)。
  • 1991年(平成3年)
    • 設立20周年、「オカモトグループ」の商号を制定。
    • アレフとフランチャイズ契約を結び、外食事業一号店「びっくりドンキー柏林台店」開業。外食部門子会社「パトス」設立。
    • スポーツクラブ事業一号店として帯広市に「フィットネスクラブBIO」開業。
    • 2代目ロゴマーク(通称・エコーリンク)を制定、地域社会と繋がりそこからの声を吸収しつつ飛躍し、広がりを目指す姿勢を表した。
    • 木野村石油を買収、「有限会社ドリームオイル」に改称。
  • 1993年(平成5年)
    • 音更町に本社移転。
    • 居酒屋「甚八」開業。
  • 1994年(平成6年) - ドリームオイルを「岡本石油商事株式会社」に改称し株式会社に改組。
  • 1995年(平成7年)
    • 帯広市「オビネン」を買収。
    • パトスの外食事業を北斗興産に分割、北斗興産を「オカモト商産」に改称。
  • 1996年(平成8年) - 岡本石油が子会社「岡本企画」「岡本企業」を吸収合併し「オカモト」に改称。
  • 1997年(平成9年)
    • 大樹町「大樹ガス」を買収(2005年にオビネンに吸収)。
    • 幕別町「東興ブロック工業」に資本参加。
  • 1998年(平成10年)
    • 漫画喫茶「コミック喫茶ヨムヨム」をびっくりドンキー柏林台店敷地内に開業(2005年に閉店)。
    • 岡本石油商事を「ビューワークス」に改称。
  • 1999年(平成11年)
    • リサイクルショップ事業1号店「なんでもリサイクルビッグバン帯広柏林台店」開業。
    • 北海道初のセルフガソリンスタンド「啓北SS」開業。
  • 2000年(平成12年)
    • 帯広市に本社移転、オビネンの所有していたビルを使用。
    • リサイクル事業を「じゅんかんシステム」(旧・ビューワークス)、車検事業を「スパナクラブ」(旧・グリーンオート)に移管。
  • 2001年(平成13年)
    • 3代目の現行ロゴマーク(通称・グローバル)制定、十勝から全道へ領域を広げる中で全国・世界へ目を向ける意思を表した。
    • 時間従量制スポーツクラブ「コンビニエンススポーツクラブFit札幌篠路」開業。
    • 東興ブロック工業を買収、「トーコーテック」に改称しコンクリート事業に本格参入。
  • 2002年(平成14年) - 「パトス」を「ジョイフィット」に改称、スポーツクラブ事業のフランチャイズチェーン展開を開始。
  • 2003年(平成15年)
    • オカモト商産を「Fキューブ」に改称(2006年にトーコーテックに吸収)。
    • オビネンが「スパナクラブ」を吸収合併。
  • 2005年(平成17年)
    • 岩手県陸前高田市に本州一号店「オカモトセルフ陸前高田」開業。
    • 時間従量制アミューズメント施設「ファミリーアミューズメント・ヴァリオス札幌手稲」開業(2009年に閉業)。
  • 2006年(平成18年) - 初の公民連携事業として音更町温水プールの指定管理を受託。
  • 2007年(平成19年)
    • 東京都「医療法人社団成仁」よりデイサービス「パワーリハ」の経営に参画。
    • 「トーコーテック」によりイチゴ栽培事業に参入(2014年に閉業)。
    • 4代目本社ビルに移転。
  • 2008年(平成20年)
    • 子会社「じゅんかんシステム」「ジョイフィット」「スパナクラブ」「オビネン」「トーコーテック」を親会社オカモトに吸収合併。
    • 士幌町「士幌石炭販売」を買収。
  • 2009年(平成21年) - 青森県の「柿本石油」のガソリンスタンド事業を取得。
  • 2010年(平成22年)
    • 「パワーリハ」を買収。
    • 子会社「アイテクニカル」設立。
  • 2011年(平成23年) - 香川県の「ヤマウチ」と系列の「ヤマウチサポート」「フロムワン」を買収。
  • 2012年(平成24年)
    • ヤマウチ系列の2社をヤマウチ本社に吸収合併。
    • ヤマウチ子会社「エナジーマーケティング」設立(2019年にヤマウチに吸収合併)。
  • 2013年(平成25年)
    • 外食事業をびっくりドンキーのみに一本化、居酒屋事業撤退。
    • 太陽光発電事業参入。
    • 「パワーリハ」を「ウェルネスフロンティア」に改称、オカモトよりフィットネス事業を移管しアイテクニカルを吸収合併。
    • 福島県の「スタンドサービス」のガソリンスタンド事業を取得。
  • 2014年(平成26年) - 子会社「健康前沿(控股)有限公司」設立、「ジョイフィット」中国進出。
  • 2015年(平成27年) - バジェット型スポーツクラブ「FIT365」一号店を旭川市に開業。
  • 2016年(平成28年)
    • ウェルネスフロンティアが「ケイプライム」を買収。
    • 電力販売事業「オカモトのでんき(オカでん)」開始。
  • 2017年(平成29年)
    • 石川県の「カナショク」を買収。
    • ウェルネスフロンティアが「ヒロ・コーポレーション」を買収、北海道「ノースブレイン」のヘッドスパ事業と東京都「ホウレンソウ」の介護事業を取得。
    • カナショクが福井県「ライズ」のガソリンスタンド事業を買収。
  • 2018年(平成30年)
    • 24時間営業を全廃。
    • ウェルネスフロンティアが「テコセンター」を買収。
  • 2019年(平成31年 / 令和元年)
    • 鳥取県の「東部石油販売」を買収。
    • ティエヌとフランチャイズ契約を締結、ネイルサロン事業に参入。

グループ企業編集

 
なんでもリサイクルビッグバン北見三輪店(北見市)
 
岡本書店恵庭店(恵庭市)
 
ジョイカフェ北見西富店(北見市)

株式会社オカモト(北海道帯広市)編集

オカモトセルフを中心としたオカモトグループの中枢企業。北海道での展開を中心に、東北関東でも店舗展開を進めている。2016年には東京都池袋ネットルーム「NETMARU池袋西口店」をオープンさせた。

エナジー・マーケティング・カンパニー編集

  • オカモトセルフ - セルフ式ガソリンスタンド。北海道第一号店のセルフ式ガソリンスタンドとしても知られる。
  • JOYWASH PARK - 北海道帯広市音更町に展開するコイン洗車場
  • コインランドリーJOYWASH - 北海道帯広市・北広島市に展開するコインランドリー。
  • オカでん - 電気小売自由化により2016年に発足。北海道の家庭へ電力供給を行う。
  • オカエネの相談室 - 北海道に営業所を展開し、プロパンガスの供給や灯油配送などを行う。

カーライフ・マーケティング・カンパニー編集

  • ピットオフ - 車検をはじめ、タイヤやホイールの買取・販売を行う。北海道へ展開。

パブリック・ビジネス・カンパニー編集

  • 北海道・高知県で施設管理や業務委託、人材派遣を行う。

リユース・マーケティング・カンパニー編集

メディア・マーケティング・カンパニー編集

スペース&フーズ・マーケティング・カンパニー編集

TOPS・グリーンパワー・カンパニー編集

株式会社ウェルネスフロンティア(東京都墨田区)編集

2013年に株式会社パワーリハから称号を変更。経営理念は「日本を健康に。For Your Smile Life」。

ジョイフィット・ヘルステック・カンパニー編集

ジョイリハ・カンパニー編集

  • ジョイリハ - 日本全国に展開する介護予防に特化したリハビリ施設。2016年にはデイサービス「はつらつ館」もM&Aで取得。

株式会社ヤマウチ(香川県高松市)編集

四国を中心に展開していたものの、2011年に大型M&Aにてオカモトグループ入りし、以降関西九州へと出店領域を広げる。

ヤマウチ・オートモーティブマーケティング・カンパニー編集

  • ヤマウチセルフ - 四国、中国、九州地方に展開するセルフ式ガソリンスタンド。
  • ラチェットモンキー - 香川県高松市に展開する車検を中心としたカーメンテナンス店。

ジョイフィット・ヘルステック・カンパニー・ウエスト編集

  • ジョイフィット(JOYFIT) - 日本全国に展開するスポーツクラブ(ジム)のフランチャイズ本部。24時間型を中心に、直営店・加盟店含めて200店舗を達成。2015年には中国へも進出を果した。

ウェルネスフロンティア・ニュービジネス・カンパニー編集

  • FIT365 - 日本全国に展開するフィットネスジム。

スペース&フーズ・マーケティング・カンパニー編集

カナショク株式会社(石川県金沢市編集

石川県と富山県でガソリンスタンドを16店舗展開していたが、2017年にオカモトグループ入り[1]。更に同年末には福井県のライズ5店舗を買収した。現在はガソリンスタンド事業に加えてフィットネス事業も展開している。

カナショク・エナジー・カンパニー編集

カナショク・ヘルステック・カンパニー編集

  • FIT365 - 日本全国に展開するフィットネスジム。

健康前沿(控股)有限公司編集

2015年に中国・上海市で発足。中国への「JOYFIT」出店を行う。

  • ジョイフィット(JOYFIT)

その他編集

ガソリンスタンド事業はENEOSブランドで全国に展開しているが、他の同ブランドSSの近隣に店舗を構える例が多いため、そのようなSSは元売の看板を使用しないことがある。

オカモトポイントカード編集

  • グループ共通のポイントカードを発行しており、北海道十勝管内のグループ店舗(一部除く)のみで使用できる。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集